美山荘だより

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブについて

バックナンバー

OKU gallery & cafe

美山荘

月間アーカイブ : 2011年 01月

上巳の節供

草木が「いや生い茂る」事から、弥生と名付けられた3月。 3日は“上巳の節供”と呼ばれる雛祭り。  起源は、中国古代の禊の行事であったといいます。

この日、水辺で体を清め、邪気を祓ったという中国の故事に習い、日本でも身の災厄を神やワラで作った形代に移して川や海に流したのが雛祭りの始まりらしいです。

雛祭りには、白酒を飲み、バラ寿司などを食し宮廷の姫君たちは“ひひな遊び”に夢中に

なるという何ともスローな風情ですよね。 

美山荘では、3月1日~15日の2週間、雛祭りにちなんだお持て成しで、皆様のお越しをお待ちいたしております。 是非、花背の清流にワラでできた船でお雛様を流し邪気を祓っていただければと思います。

                                  美山荘四代目

節分の日

立春の前日3日が節分。春を待つ行事、、、季節を分けるという意味
この時期、寒さから病になったりしないように邪気をはらうため豆巻きをしますが、
邪気とは目に見えないもの、“隠(オン)”それを“鬼”と掛けたといわれて
おります。鬼とは魔物であるので“魔”を“滅する”すなわち“魔滅”から豆をまき
鬼を追い出すという行為になったようです。
また、鬼は匂いに敏感らしく、柊に鰯の頭をさして玄関口に置いておくと、その匂いに
鬼は近付きたくなくなるらしいです。
 これは余談ですが、鬼のパンツは虎模様ですよね? 鬼の顔は頭には牛のような角があり、口には虎のような牙がありますよね、、、 ですので、パンツは虎模様になったという説です。

2月の寒い中、今年一年 皆様の無病息災のため美山荘で節分をお過ごしになられませんか?  昔からの“言われ”を基に美山荘らしい節分を皆様に感じて頂きたく特別な節分を演出いたします。 期間は、2月1日~15日の2週間 是非“鬼は外 福は内”を、
お持ち帰りいただくためのご来荘をお待ちいたしております。

                                    美山荘四代目

top